admin のすべての投稿

オナニー鑑賞

よく、オナニー鑑賞の動画見るんだけど・・・一応、私、女(笑)
レズっ毛がある、方かもしれないけど、実際女の子とそういう行為をしたことはナイ。
したいとも思ったことないし。だから、多少、興味はあるけど、本格的なレズではない、という感じじゃないかと。
で、オナニー鑑賞も、男のじゃなくて、女の子のオナニー鑑賞だよ。
ネットで女の子のオナニー動画、たくさん出てるから、それを見て一人で楽しんでいるわけです。
男のオナニーより、女のオナニー鑑賞の方が、花があって面白いよね。
それに、おっぱいとか、お尻とか・・・楽しめるポイントが男より多い!
それで、よく動画でオナニー鑑賞するんだけど、最近、やっと気が付いてきたんだよね。
女の子のオナニー動画の場合、「実は、この子、イッてないんじゃね?」というケースがあることを!
センズリ鑑賞
感じてないのに、「あ、、、はぁん」って演技してるだけなんじゃないかという疑惑。
「イクイク、イッチゃう~」って絶叫してる割には、実はそれほどでもないのではないか、と。
わざとアヘ顔作ってるだけという子も中にはちらほらといるわけよ。
もう、潔く、すっぱりと、オナニーで思いっきり乱れて感じてる姿を見せちゃいなよ、You!って思うんだけどね~。
男目線でオナニー鑑賞しつつ、女目線で突っ込みをいれている、という、そういうのがまたなんか面白くなってきちゃって。
で、最近、オナニー鑑賞してると、同じ子が動画アップしてるのか、その彼氏がしてるのか知らないけど、お気に入りの子見つけたんだ。
あれは、本気でめちゃくちゃ感じてる本物。
オナニー動画
エロチャット

LINE掲示板アプリ

こんな恐ろしいことが起きるとは思ってもいませんでした。俺が昔付き合っていた彼女は俺への執着が凄かったです。俺が捨てた下着も拾ったり、俺が彼女に会わない日は何しているのかストーカの様に俺の後をついてきたり本当に怖かった俺は彼女から逃げるように会社から異動になり関東から九州に引っ越しました。彼女には別れを告げましたが「別れたくない。」と言われましたが、会社にも彼女のことを伝えていたので俺の異動先は伝えないようにお願いをしました。
それから3年後にそこで知り合った美穂と結婚しました。そして、すぐに子供も授かり幸せな家庭を築くはずでしたが、妻が里帰りしている1ヶ月半の間にLINE掲示板アプリを利用してしまいました。ただ暇つぶしのつもりでした。そしてLINE掲示板アプリで知り合った1人の女性が旅行でこの近くに来ることを知り女性と会うことになりました。しかし、それが悲劇の始まりでした。
セフレ
待ち合わせ場所には俺の方が早く着き待っていると俺の名前呼ぶ声が聞こえました。振り向くとなんとあの元カノがいました。まさか、こんな偶然が起こるとは思いもしませんでした。元カノは俺の手を繋ぐなり人目を気にせずに大興奮。俺はその場から逃げ出したくなり元カノとカフェに入りトイレを行くふりをしてその場から逃げ出しました。一応メールでごめんと謝罪だけ送りました。だけどこのままでは終わらず元カノは俺が結婚していることを知っていて美穂にこのことを伝えるなど脅してきました。悪い事をしたバチが当たったなと思いました。
セフレの作り方
LINE掲示板

30歳独身OLのLINEを使った出会い

昔からまじめ一筋で生きてきた私にとって、学生時代も職場でも相変わらずそのイメージは覆せずに気づけばまわりの女性たちはどんどん結婚していって、狙っていた職場の男性もついに婚約してしまったようです。
いくらこんな私でも出会いがなければ繰り返していくだけと思い、初めてLINE掲示板アプリを利用してみることにしました。
LINEはお馴染みの言葉だったし親しみがありました。

異性と掲示板で出会うなんて自分でも突飛なアイデアではないかとびっくりするほどの英断だったけれども、出会いの仕方よりもあとあとのことを思いチャレンジしてみました。
LINE掲示板アプリに色んな書き込みがありますが、私のように異性との出会いを求めている人も多くて、同じような悩みを抱えている人も多いのかなとむしろ勇気がわいてきました。
だけどLINE掲示板アプリといえども気をつけなければいけない書き込みもありますから、どれが純粋なものでどれが不誠実なものかを見極めることが文字からは判別することが難しかったです。

けれど多くの人が気軽な気持ちで利用しているLINE掲示板アプリだからこそ、本当に出会いを求めてるという普通の人も結構いるのではと思いました。
ある一人の異性とこれを機にやり取りが続き、お互い都合のいい日に会うことになりました。
LINE出会いだからまだ顔も互いに知らなかったし万が一もあるから、女友達に近くまできてもらって待っててもらうことになりました。

どんな人なんだろうとわくわくしている気持ちとハラハラしている気持ちがピークに達しそうな頃に、駅前で一人たたずんでいる私に気づいて声をかけてきた男性がいました。
背はそんなに高くなかったけれど、メガネが似合う誠実そうな人でとりあえず安心しました。
近くのレストランで食事をしたときに話してくれましたが、バツイチなため子供もいて出会いも少ないから掲示板を利用してみたと言っていました。
子供いるんだとびっくりしましたけれど、そういうわけありかと納得もできました。
まだこれからどうなるかは分かりませんが、出会いを果たせてとりあえずホッとしました。

25歳独身女性派遣社員の愛人募集

私は都内の不動産会社に勤める派遣社員です。本当はきちんと就職して正社員として働きたかったんですが、大学卒業時に就活に失敗して、生活の為に仕方なく派遣会社に登録したのです。派遣社員だとやっぱり期待するほどの収入は得ることが出来ず、親から仕送りしてもらう訳にもいかず、社会の厳しさを痛感していました。

せめてもうちょっとだけでも良い暮らしをしたい。ずっとそんな思いを抱いていた私は、ひょんなことから愛人募集のサイトを見つけたんです。じっとそのサイトを眺めていたらとても誠実そうな男性の書き込みを見つけました。その文章にどことなく大人の魅力を感じ妙に惹かれてしまいました。もともと私は同年代の若い男性にあまり興味がなかったので、その男性にとても惹かれていきました。

私はダメ元でその男性にメールを送ってみました。数日経っても返事はなく、やっぱりダメかと諦めていたんですが1週間ったってからやっと返事が届きました。

その男性は、誰もが聞いたことのある大手の会社の役員の方。メール交換から始まり自然と会う約束へ。実際にあってみても私が想像していたようにとても誠実な方でした。

やはり大会社の役員ともなると社会的な立場での苦労や家庭の事情など、悩みは尽きないものらしく、それを私に打ち明けてくれたのです。そんな誠実な男性に私はますます惹かれていきました。私も私なりに、自分の今の現状や希望をお話すると、意外にもその男性はすんなりと受け入れてくれ、私たちの愛人契約が成立しました。

男性のほうも、私のような子と会いたくて愛人募集をしていたんだと言ってくれました。私は可能な限りこの方と今後も愛人としてお付き合いしたいと思っています。

何かとストレスの多い男性を支えるのが、今の私の役目だと思っています。